栄養は人道主義を超えた!?

二児の母です。妊活をしていた時、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。上の子が男の子でしたし、次は女の子を授かりたい、と考えていました。本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしました。妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。

様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。果物では、代表的なものにイチゴやライチがあると知られていますね。あるいは、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。
性病であるクラミジアとは
葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良い方法だと言えますね。

不妊の要因としては、子宮着床障害のほかに排卵障害といった婦人科面での要素と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側に原因があることとが想定されます。更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けることが必要です。

一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜系の葉菜が多いようです。妊娠後、可能な限り早く、これらを摂取するようにしましょう。葉酸の適切な摂取は先天異常の発症リスクが抑えられるらしいのです。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをお勧めします。葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。

栄養は人道主義を超えた!? はコメントを受け付けていません。